ここはみんなに任せて、俺は早く逃げた方がいい!
Twitter / merli (via 774) (via kogumarecord) (via ropong) (via oharico) (via nemoi, 774) (via gkojax-text) (via rulebook) (via hih0whigh) (via realemotionaltrashbox) (via hustler4life) (via nemoi) (via atm09td)
Reblogged from Macd's Note
domg543:

Katsura Imperial Villa - Kyoto Japan

domg543:

Katsura Imperial Villa - Kyoto Japan

Reblogged from andi_B : tumblr

lillypeppermint:

nightwatch-official:

geekygothgirl:

gorgonetta:

[Painting of Death as a spectral nanny taking a child and infant away from their bereaved family.  A detail shows the family’s house number is 1918.]

I never realized this until seeing the detail, but this painting is most likely about the flu pandemic.

it’s really interesting seeing death portrayed as a woman 

Especially a a nurturer rather than a destroyer

Reblogged from note
内田:「私ってなんてハッピーなんだ」っていう経験のない人というのはね、ぼくね、申し訳ないけれど人生展望ないと思うんですよね(笑)
池上:そうですよね。
内田:さらに残酷な事を言うようですけれど、子どもの時にすごく恵まれた家庭環境にいて、親にすごく愛されたと思っている場合と、愛されなかったと本人が思っている場合とのサというのは、その後どんなにご本人が経験を積み重ねても、埋められないと思うんですよね。たっぷりと愛された人というのは、アチーブメントというのがあまり必要じゃないんです。何か社会的に立派なことを成し遂げて、それによって承認されているわけだから、「あとはひまだから何かやろうかな」ということぐらいで。

p.133『身体の言い分』 (via izumiumi) (via nemoi) (via usaginobike) (via gkojax-text) (via es-s-etc) (via lidentity) (via rurinacci) (via currychef) (via edieelee) (via tra249) (via aerogenerator) (via zaq1234)

一部転記をミスってる模様(ソース

> 何か社会的に立派なことを成し遂げて、それによって承認されるというルールのゲームじゃないですから。
> 自分自身はもうすでに承認されているわけだから、あとは「暇だから何かやろうかな」というぐらいのことであって。

(via golorih)
Reblogged from Golorih's Tumblr

nevver:

Rated E for everyone, Javier Laspiur

Reblogged from :: spx808 ::

headcanonish:

(via Israel reveals eerie collection of Neolithic ‘spirit’ masks | The Times of Israel)

Masks were one of the earliest forms of magic. Before wizards learned the crafting of wands, wizards crafted masks with magical attributes for the wearers to assume. The ancient history behind those masks allows masks, even non-magical ones, to inspire primal emotion today.

Reblogged from オッさんのTumblr.
よく行動する人は、知識は必要最低限でいいと考える。 なぜなら実際に動く前に、わかることなんてほとんどないと知っているからである。